読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキュー 19巻】レビュー

【ハイキュー 19巻】第2セット終盤月島がついに覚醒。白鳥沢の背中が見えたかと思いきや、やはり王者ウシワカは段違いに強い。それでも守護神西谷を筆頭にウシワカの攻撃に食らいついていく。月島の覚醒に感化されたのか日向は本物のMBに!?

【ハイキュー!! 18巻】レビュー

【ハイキュー!! 18巻】牛島のサーブをあげることができた西谷。変人コンビが白鳥沢を揺さぶり続けるも白鳥沢にも変人が!?最強の”読み”を持つ、その名もゲスモンスター天童。白鳥沢に闘志を燃やす烏野の中で1人冷静な男月島。月島の頭脳は白鳥沢に通用す…

【宝石の国 4巻】レビュー

【宝石の国 4巻】 春が来た!みんな冬眠から起きてきてフォスの変わりようにビックリ。強くなったフォスに対してボルツが「俺と組め」。しかしボルツと組んでも倒せない月人が出現。誰も倒せなかった月人を手なづけてしまう金剛先生にフォスは疑問を抱く第4巻

【宝石の国 3巻】レビュー

【宝石の国 3巻】 フォスにとって初めての戦争。フォスの足はどのように生かされるのか。そして訪れる冬。冬の間、宝石たちは冬眠。フォスもみんなと冬眠すると思いきや、抜け出して冬も活動することに!新しい力を手に入れ、なにかを失う第3巻!

【宝石の国 2巻】レビュー

【宝石の国 2巻】海の中でフォスが王から宝石たちの成り立ちの言い伝えを聞く。フォスから成り立ちを伝えられた先生は情緒不安定となる。巻頭の先生の夢に出て来たのは月人なのか。先生の正体とは一体!?そしてフォスは初めての戦いの舞台へ!!

【宝石の国】1巻 レビュー & 考察

【宝石の国】1巻 レビュー 舞台は6度流星が訪れ人間が滅亡した地球。人間はいないものの人間の姿形をした宝石たちの物語。宝石たちは月からくる月人に攫われまいと日々戦う。そのはずなのに、宝石たちが先生と呼ぶものの姿形は人間そのものであり、対月人の…

【僕だけがいない街】 9巻 140字レビュー

【僕だけがいない街】 9巻 僕だけがいない街の外伝。本編の登場人物のその後を描いた内容となっている。見所としては小林賢也の成長である。本編では小学生として事件に向かっていく姿が描かれ、本巻では小学生以降の事件に向かっていく姿が描かれ、年齢とと…

【今週のAERA】電気自動車より名古屋!!

【進め!電気自動車】 ・EVは電器店でも制作可能→HOKUSAI-III充電8時間で航続距離35キロ、最高時速50キロ・EVは『ガソリン車の代わり』ではない【大名古屋経済圏の底力】・経済規模は南アフリカや香港、イスラエルなどを上回るレベル・サビース業が中心の東…

【AERA】トランプと日本企業

トランプに勝つ日本企業 アメリカの現状→対決姿勢のメディアは24時間体制で「監視」過激発言を繰り返す大統領米国民は「トランプ鬱」 トランプ大統領は日本の金融業界などは追い風→三菱UFJフィナンシャル・グループなどの大手銀行→コマツなどの工作機械メー…

【レジュメ】あなたの「夕飯」、「夜食」になっていませんか

病気にならない夜9時からの粗食ごはん1章 あなたの「夕飯」、「夜食」になっていませんか 総務省統計局が2011年に実施した「社会生活基本調査」より→夕食開始時間の全国平均は19時06分現代人が夕食だと思っている時間は、明らかに夜食→「何を食べるか」だ…